読者の皆さま、お元気様です。
きずなステーションオーナーのA-Harekuniです。

本日も共通の趣味や情報を通じて、読者同士のを深めていきましょう♪


今回は去る、5月20日に板野町にて開催された「とくしまクラシックカーフェスティバル2018」の模様をざっくりですが、お伝えできればと思います。
お蔵入りにした車種は後述で書きますが、それが見たいというコメントがあれば随時追加していきます!!

★1.ホンダ・プレリュード (3代目)
DSC_0430_00001可愛いルイヴィトンのチャーム キーホルダー
いきなり、クラシックカーというよりはバブリーなところに来ちゃいました!!今の時代でプレリュードに相当するホンダ車があるかと言われれば・・・ありません(´・ω・`)因みにプレートは当時ものではなく、最近話題のオリンピックナンバーで柄付きのものになっています…。
柄付きが出てきたら・・・画像処理が大変になる~(>_<)
ただ単に、白や黄、黒、緑だったら、綺麗にモザイクを掛けられるけど、どうしてもこういう柄付きになるとみすぼらしくなってしまうという(´・ω・`)

★2.トヨペットコロナ(3代目)
DSC_0431_00002DSC_0433_00004
この時代はまだ、車名にトヨペット○○と付いている時代だった。トヨペットという名称は今でも、ディーラーの名称で残っているが、コロナという名称はもう・・・。嬉しいことにこのコロナのプレートは当時もので、岡山ナンバーなので“岡”と書いてあります。一部の地域では一文字なところがあったようで、徳島は“徳”ナンバーだったそうです。封印は今でも“岡”と書いてあります。
★3.スバル360 
DSC_0437_0000625th ANNIVERSARYゴールデンボックススバルといえば、これ!というものの1つです!
2016年度に機械遺産に認定されたことで注目されましたね!!
今は亡き、スバル自社製の初の軽自動車で、様々な苦労を経て発売された経緯があるみたいで…。特徴は何と言っても、リアエンジンということで、リアにグリルみたいなパターンがあるのはそれが理由(・ω・)ノ
フロントも開きますが、そこにはスペアタイヤが入っています!!
内装はいい意味で簡素な作りで、今の軽自動車を見ちゃうとえっ?って思うぐらいのものですが、この時代ではごくごく普通なもの。しかし、カタチだけは当時ものです!後ろにはサンバーが写っています!農道のポルシェと言われ、スバル360同様にリアエンジンのレイアウトが特徴です( *´艸`)

★4.ホンダN360
DSC_0456_00021namo様専用 ザ・ファーストSサイズ/ベージュ/オットマン チェアーセット
スバル360からのN360です(・ω・)ノNというのは“Norimono”という意味で、2011年12月に産声を上げたN-BOXでは「NEW、NEXT、NIPPON、NORIMONO」という意味でNという名が使われたそうで、このN360をアレンジして、2012年にN-ONEが登場しましたが、内装が豪華だったり、MTがなかったりと、クラシカルな雰囲気はN360に勝るものはありませんね( *´艸`)また、暖房は空冷の放熱を利用していたため、車内にオイルのニオイが入ったりということもあったそうで・・・。(今では考えられないよね…(^_^;))また、600ccバージョンのN600もあったようだが、当時は普通車になるということもあり、販売面では振るわず、日本では半年ほどしか発売されないという日本で販売された自動車で最も短命な車種だったそうで…。(今でこそ、軽になるのだろうけど・・・)

★5.マツダ・RX-7
DSC_0439_00007DSC_0440_00008
クラシックカーという流れを外れ、またもバブリーなクルマに!当時ものと思われる、リアのMAZDAステッカーやRX-7のステッカーが凄く良い味を出していますね(・ω・)ノ嬉しいことにこちらのプレートは当時もので、徳島ナンバーなので“徳”ナンバーになっています。今のクルマにも言えることですが、やっぱり当時もののプレートが素敵ですよね( *´艸`)
★6.ダイハツ・ミゼット
【PSA9】真紅眼の黒竜 20thシークレットDSC_0463_00027まさにそうです!後年では安全性の問題等で4輪の軽自動車として復活しましたが、やっぱりミゼットといえば3輪でしょう(笑)軽自動車免許とはその名の通り、軽自動車だけに運転できる免許証のことで、1968年に廃止されましたが、取得者は無条件で普通運転免許になったそうで・・・。それか、クルマは軽でイイ!という人は軽自動車免許だけ取得して終わりとか・・・。準中型が出来たり、中型が出来たりと・・・昔の人間から見れば、意味が分からねぇってなりそうです(>_<)

★7.ダイハツ・フェローマックス
DSC_0460_00024Child Capri Lorna Murray ローナマーレイ Mサイズダイハツのマックス?こんな形していたっけ?って思う方、違います!!
これはフェローマックスと言って、フェローという車種についた、サブネームなのです。特徴はこの年代としては珍しいFFということ!今でこそ、軽自動車はFFが殆どという時代になりましたが、この時代はFRが主流だったようで・・・。発売当初は40psあったようだが、後の排ガス規制によって馬力ダウンしたということで人気が下がったという悲しい経緯があるようで・・・。

★8.日産・シルビア(初代)
DSC_0524_00043DSC_0527_00045
シルビアってこんなカタチしていたっけ?と思われる方・・・そう感じている方はスペシャリティカーの火付け役である・・・5代目のS13シルビア以降なら知っているという方でしょう。・・・ということで当時物ではありませんが、良いアピールにはなりますね(・ω・)ノこのシャンパン色のボディカラーは写真ではやや表現しづらいカラーリングで、実物ではもうちょっと渋い感じのシャンパン色に仕上がっています!!
DSC_0526_00044
昔のNISSANのロゴが貼ってありました。今のロゴもどことなく似ていますが、こっちの方がカッコよくて個人的には好きです。トイレの場合、メーカーロゴはさりげなくTOTOやINAXと書いてあるだけで、それほど主張していないでしょ?

★9.
ハインケル トロージャン
m様専用オーダーページDSC_0468_00028
車種名としてはハインケル・ガビーネというそうで・・・
特徴はフロントから出入りするとのこと!
軽自動車登録だけど、実際は三輪車とのこと・・・
リアのスタイルが一見するとフロントに見えちゃうのも特徴!
オーナーさんは30数年ほどこの車体を所有しているようで、シートカバーは破れたら、奥さんに編んでもらって交換しているんだそうで・・・。
DSC_0469_00029DSC_0471_00030
前からパカっと開くという理由で子どもたちに人気だそうで・・・この部品を探すのには相当苦労するようで・・・(^_^;)

因みに排気量は199ccで、軽自動車はおろか、バイクよりも少ないという。これで高速道路は・・・走れるものなら走ってみろ!という状態だそうで・・・。
★10.ロールス・ロイス・ファントムVI
スパイファミリー ボンド ダイカットクッション タワーレコード 40cmDSC_0481_00034大きさも半端ないし、実物を見ると他のクルマたちにはないオーラを放っていました。
まぁ、大きいこと、大きいこと・・・
当イベントの目玉の1つとも言えそうだけど、普段使いには小回りが利かないなど苦労も多そう・・・。フロントの雰囲気からまず、威厳さを感じますし、リアの雰囲気もなかなかのもの!
DSC_0482_00035
一番存在感を感じやすいのは、サイドフォルム!
見ての通り、すごく長いです!
全長が6mもあるだけあります!全景を収めるのにかなり苦労しました。周りのクラッシックカーたちが小さく見えてしまいました('◇')ゞ


如何だったでしょうか?
昨年度には登場していなかった車種も登場したり、喫煙所も縮小され、イベントとしての質が昨年度や一昨年度よりアップしている気がしました。見たいというコメントがあれば、また追加していきます!最後になりましたが、A-Harekuniがイマドキのエコカーなどに偏っている部分があるため、間違いなどはあるかもしれませんが、その際はフォローお願いします(・ω・)ノ 別名「てんとうむし」のスバル360、自身が幼い頃は結構走っていました。 己がレガシィ・インプレッサに乗ってた頃に出た本「SixStar Magazine」にもスバル360の記事があり、それによると当時の通産省による「国民車構想」の上を行く目標があり、車重400kg以下,350cc程度の排気量,60km/h定時の燃費30km/l,最高速度100km/hで大人4名が乗車できるという当事としては挑戦的な車を目指して開発されたそうです。 さらにブリヂストンに10インチのタイヤを作らせ、松下電器産業(現:パナソニック)に12Vのバッテリーを作らせ、航空機産業由来であることを逆手にモノコックボディで軽量化に成功し曲面を多用したデザインで強度を補い、スプリングにトーションバー(ねじり棒)を採用したり…いろんな苦労や新たな機軸が採用されたようです。
※長くなるのでこれ以上は割愛。
    • HERMES エルメス 革手袋
    • 2018年05月24日 19:11
    • 前項の続き あの当時はまだFF車製作に必要な等速ジョイントがまだ開発されておらず、RR採用になったようです。それがそのままサンバーになったのも納得。
      以上、もと富士重症患者が語りました(555
      ※今走っているクルマでもっともスバル360に近い車は…おそらく三菱i(アイ)でしょう。メーカーは違えど軽自動車・曲面多様デザイン・駆動方式・独創性などが共通あるいは似通っていますから。
    • kuroneko love
    • 2018年05月24日 19:26
    • こんばんは!
      昔の車凄く好きなんです!(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
      このようなイベントこちらでも開催されたら是非行きたいですね♪
      特にプレリュードは好きな車です!
      今はなきリトラがかっこいいです( ̄∇ ̄*)ゞ
      このプレリュードもたまに走ってるのみるんですが、思わずおっ!て叫んでしまいますw
      FCも頭文字Dで好きになった車でもあるんですよ♪
      街ではFDがほとんどですがね...。
      昔の軽自動車もいいですよね!
      この間N360走ってるの見たんですp(^^)q
      まだまだ現役で走ってるの見て一人感動してましたw
    • 遊戯王 ドラグマ召喚獣デッキ 大会優勝構築済みデッキ
    • 2018年05月24日 22:13
    • >ヒラタツ@便所探検隊さん
      こんばんは!!
      スバルは今でこそ、社名になりましたが、つい最近までは富士重工業でしたからね!! なるほど!そういった経緯があったのですね。 過酷な坂道のテストなど、開発にも血のにじむような努力の末に誕生したんだなぁというのが伺えます。
      FFが構造的に造れなかったから、RRを使ったということなんですね。
      でも、このスバル360が無ければ・・・サンバーは・・・ということになるところですね…。機械遺産に認定されるのも納得です!!
    • アニヤ・ハインドマーチ カーカ
    • 2018年05月24日 22:25
    • >kuroneko loveさん
      こんばんは!
      昔のクルマが好き!ということであれば、こういったイベントは絶対に楽しめそうですね(・ω・)ノ この手のヘッドライトもFD系RX-7を最後に姿を消しましたから、今ではすごく新鮮さを感じますし、カッコいいですよね~。
      FC系は頭文字Dでも登場しましたね!!
      あの豆腐店のトレノというイメージが強いですが、これも忘れてはいけませんよね~。
      街では見ても・・・FD系ですが、最近街では見ていないですね(´・ω・`)
      昔の軽は確かに豪華路線なイマドキの軽とは違って、いい意味でシンプルなのが素敵ですね!!
      おおっ!N360を街で見たんですか~。良いですね(^_-)-☆
      現役で走っているのを見たら、私でも感動しちゃうと思います(笑)
  • コメントフォーム
    評価する

    SDK-001 【旧アジアウルトラ】BLUE-EYES WHITE DRAGON /青眼の白龍【1st】-Bee本舗 トレーディングカード専門店 青眼の白龍 (1st) 旧アジア版英語ウルトラレア販売中! | 遊戯王カード 遊戯王 ブルーアイズ トゥーン シークレット 1st 英語 ドラゴンアジア 遊戯王 遊戯王 アジア版 1stEdition 青眼の白龍 SDK-001 遊戯王】 青眼の白龍 アジア版 1st SDK-001 ウルトラ ウルトラ 青眼の白龍 (1st) 旧アジア版英語ウルトラレア販売中! | 遊戯王カード 34%割引今年人気のブランド品や 遊戯王 青眼の白龍 ウルトラ 1st 旧アジア版 英語版 SDK-001 美品 遊戯王 トレーディングカード-APP.TABBIEMATH.COM 遊戯王 アジア版 青眼の白龍 SDK-001 1st ウルトラレア 英語 ブルー 超特価sale開催】 遊戯王-【希少】遊戯王 青眼の白龍 旧アジア版 遊戯王 遊戯王 アジア版 1stEdition 青眼の白龍 SDK-001 YI キ6-120 遊戯王 アジア版 青眼の白龍 1st SDK-001 UR ウルトラレア 遊戯王 旧アジア版 1st edition 英語表記 青眼の白龍 BLUE-EYES WHITE 青眼の白龍 旧アジア ウルトラ SDK-001 1stの通販 magi公式ショップ 人気特価 遊戯王 青眼の白龍 旧アジア版 ウルトラ 1st SDK-001 遊戯王 遊戯王 青眼の白龍 旧アジア 英語版 1st SDK-001 【はこぽす対応商品】 遊戯王 青眼の白龍 1st SDK-001 アジア版 - marketingagricola.pt 2022年最新】青眼の白龍 sdk 1の人気アイテム - メルカリ 34%割引今年人気のブランド品や 遊戯王 青眼の白龍 ウルトラ 1st 旧 YI キ6-120 遊戯王 アジア版 青眼の白龍 1st SDK-001 UR ウルトラレア ブルーアイズホワイトドラゴン 遊戯王 英語版 ウルトラレア ☆1円 遊戯王 青眼の白龍 旧アジア版 1st 【人気沸騰】 オレンジ系【感謝価格】 【希少】遊戯王 青眼の白龍 旧アジア版 PSA) 青眼の白龍 旧アジア版英語ウルトラレア販売中! | 遊戯王カード いします€ 遊戯王 青眼の白龍 ウルトラ 1st 旧アジア版 英語版 SDK-001 50%割引ブラウン系激安 (交渉可能)遊戯王 青眼の白龍 SDK-001 アジア イエロー系超特価SALE開催! 青眼の白龍 アジア 版 ウルトラ 1st 3枚 34%割引今年人気のブランド品や 遊戯王 青眼の白龍 ウルトラ 1st 旧 美品-極美品】遊戯王 旧アジア 青眼の白龍 ウルトラレア 遊戯王 青眼の白龍 1st SDK-001 アジア版 - marketingagricola.pt 遊戯王 青眼の白龍 アジア版 ウルトラ アンリミテッド SDK 【超 遊戯王 青眼の白龍 英語版 1st SDK 001 希少品 初期絵 ブルーアイズホワイトドラゴン 引退 品 旧 アジア YI キ4-199 遊戯王 アジア版 1st Edition SDK-001 青眼の白龍/Blue 41%割引【 新品 】 PSA9 遊戯王 青眼の白龍 アジア版 初期 英語版 遊戯王 青眼の白龍 旧アジア版 ウルトラレア SDK-001(遊戯王(コナミ SDK-001 【旧アジアウルトラ】BLUE-EYES WHITE DRAGON /青眼の白龍-Bee本舗 トレーディングカード専門店 遊戯王☆ブルーアイズ☆青眼の白龍☆旧アジア☆1st☆ウルトラレア

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット